はじめに

2010年4月18日に日本ラグビーの聖地・秩父宮ラグビー場から歩いて3分の距離にある港区立青山小学校に「みなとラグビースクール(MRS)」が開校しました。
ホームグラウンドは、最新かつ安全な設備を整えた人工芝グラウンドで都心とは思えない恵まれた環境が整ってた校庭を使用します。
MRSが拠点とする港区は、日本ラグビーフットボール協会と2009年2月に提携協力に関する基本協定を締結し、「ラグビーを通じたスポーツ振興
活動の展開」を長期的取り組みとして掲げています。(JRFU公式HPより抜粋)
ラグビーワールドカップ2019日本大会に向け地元・青山から日本を代表するプレーヤーを輩出しましょう!!



2009/2/19 調印式後の記者会見(JRFU公式HPより)

スクール部門概要

活動日時
原則第1日曜日以外の日曜日
①幼児・小学生(低学年・中学年)→09:30~11:00
②小学生(高学年)・中学生→10:30~12:30
*第1日曜日は港区教育員会「青山タグラグビー教室」を開催中
活動場所
港区立青山小学校人工芝校庭
生徒数
約290名(2016/5/1現在)
STAFF
 
塩見政明
新野晃朗
山本昇
北林慎史
松島喜隆
宇野澤和秀
峯岸大輔
村上勇人
溝口賢治
平川武通
古川直樹
櫛野篤
水谷雅史
木下由貴
田中将登
池田敦
サイモン・ブラック
塚崎有
村松正人
岡輝
朝妻峰則
大久保与崇
安則重雄
中山淳
山崎通孝
草野貴晴
富澤康正
松原賢司
田中亜矢
部門長
副部門長(幼児クラス主任)
副部門長(中学年クラス主任)
外国人対応窓口(Liaison Staff)
低学年クラス主任
高学年クラス主任
中学生クラス主任
幼児クラス副主任
幼児クラス副主任
幼児クラス
幼児クラス
幼児クラス
幼児クラス
幼児クラス
低学年クラス副主任
低学年クラス
低学年クラス

低学年クラス
中学年クラス副主任
中学年クラス
中学年クラス
高学年クラス副主任
高学年クラス
高学生クラス
中学生クラス副主任
中学生クラス
中学生クラス
中学生クラス
看護師
スクールマーク
MRSのスクールマークは2007年度のグッドデザイン大賞であるeneloop universe products群のデザインを担当された清水正人さんに全面協力を頂き2010年4月に完成しました。
ジャージ
スクール生のジャージは、チームカラーの紫をベースにしたシャープなデザイン。背中に名前が入ります。スタッフは、紫と白が反転したタイプのジャージを着用します。
MRSメディア情報
新聞・雑誌































 Web
▼港区コミュニティ情報誌Kissポート(2012/7)
『地域人』
NPO法人みなとラグビースクール 理事長・校長 黒崎祐一さん
「ラグビーを通じて連帯感や責任感を教えたい」

▼晋遊舎ムック MONOQLO特別編集 習いごと完全ガイド
【Part 5】心技体の充実めざす
◆スポーツ&武道編「ラグビー」

▼JRFU機関誌「RUGBY FOOTBALL(FEB.2011/60巻4号)」
「第38回・ラグビースクールに行こう!!」
秩父宮ラグビー場のすぐ近く、“超都会派”スクール

▼ラグビーカフェ(Vol.6)

「PICK UP!ラグビースクール」
ラグビースクールが呼んでいる 第一回

▼月刊日本橋(平成22年7月号)
「かわらばん」トピックス
都心にちびっ子ラガー集合!みなとラグビースクール開校

▼ラグビーマガジン(Jul.2010)
「Spotlight on the team」
ビル街の真ん中、楕円球の聖地で。

▼サンケイスポーツ(2010/4/19)
ラグビー学校開校、小学生ら35人参加

▼港区コミュニティ情報誌Kissポート(2010April)
みなとラグビースクール生徒募集
都心港区にラグビースクールが誕生!

▼港区コミュニティー情報ネットKissポート(2012/7)
『地域人』
NPO法人みなとラグビースクール 理事長・校長 黒崎祐一さん
「ラグビーを通じて連帯感や責任感を教えたい」

▼村上晃一「ラグビー愛好日記」(2010/4/1)

お知らせ◎都心にラグビースクール開校!

スクール部門 生徒募集要項

会員会費
入会金:3,000円・年会費(4~3月・12ヶ月の場合):15,000円・協会登録費:1,000円
会員資格
毎年4月1日から翌年の3月31日まで
募集対象
幼児(年中・年長)←2016/5/1現在新規募集は行っておりません・小学生・中学生の男女
*港区以外の居住者も対象
申込方法
下記「エントリー」より体験スクールをお申し込み下さい